夕景

またあの悲しげな雲を見た
真っ赤に染まった入道雲
抜けるような秋空に残された夏の忘れ物
僕は何度あの雲を見
夏を見送ったことだろう
もうすぐ空虚な秋が来る