まどろみの中で

僕はあなたの面影を
追いかけてきただけなのかも知れない

淡い笑顔

虚ろな目で見つめれば
確かに居たはずの
あなたの面影

心が見えるような気がする

透き通ったあなたの笑みに
透明なガラス細工のあなたのハートの中が
覗けるような気がする

『どんな笑顔よりも僕はあなたを愛しているはずなんだ!』

無差別に微笑みかける街のポスターの
どの笑顔よりもあなたは確かに素敵だ

(変だね今日の僕は…)

答えておくれ
黄色い麦わら帽子を被った少女
ねえお願いだよ

僕はもう眠たくなってしまった