地球号

100年前、1000年前
やっぱり地球は同じ夜明けを迎えたのだろうか?

まさに今、新たな世紀の中に
僕らは放り込まれようとしている

ゆっくりと
しかも、着実な動作で…

地球号。

何十億の人類、無数の生命体を乗せ
宇宙船は旅を続ける

行く先も分からないまま
自然法則≠ニいうプログラムによる自動操縦

退屈なほど同じ繰り返しなんだ!

でも、もうそろそろ…

この宇宙船は船内から
ゆっくりと壊れていっている