☆ 紫陽花(あじさい)  作詞・作曲:宮本 鎌右紀


☆ Vocal譜面2ページ目

※ 画像部分をクリックすれば拡大されます(演奏は中断します)



紫陽花  作詞・作曲 宮本 鎌右紀

  1. 君に会いに外に出ると 街は雨
    傘を取りに帰って来ると もう止んでる
    「ホントにひどい一日だね」って
    君にひとりごとのようにつぶやいて
    窓ぎわの時計をながめて ひとつため息
    君は何も言わずに やさしくほほえんでくれる
    それはぼくにとって 雨の中の紫陽花

  2. いつか君と会ったときも 見かけた花
    君のさした傘のような淡い 水色
    「ひどい花言葉かわいそうね」って
    君は小さな声でささやいて
    泣きそうな瞳(め)をしてたくせに 無理に笑った
    君の生まれたその日に 窓辺で咲いていた花
    だから君はやっぱり 雨の中の紫陽花

  3. きっとこんな時がくると 感じていた
    だけどそんなはずはないと信じたかった
    「さよなら いつも元気でいろ」って
    君に大きな声で手をふれば
    いつもの君の 笑顔も 少しゆがんだ
    意地っぱり同士の恋の夢は終わり
    なのにきょうも咲いている 雨の中の紫陽花

メインメニューへ   音楽メニューへ   詩のメニューへ   絵画メニューへ   写真メニューへ