Home
サプリメント四方山話

[四方山つれづれ日記]

更新日: 2005年9月7日

美味しいサプリ (Sep 7, 2005. )

コラーゲン配合抗酸化サプリを今月から試している。サプリ自体が即効性のあるものではないし、じっくり試してみるつもりだが、自分にとっては、『じっくり試せるものか否か』ということは重要な要素なのだ。

成分については、『米タンパク質、加水分解コラーゲン、ノルウェー産ケルプ (優れた微量ミネラル源)、抗酸化物質 (ビタミン C、D、E など)、天然カロチン複合体、亜鉛、シリコン、アセロラ果実エキスなどがあります。フラボノイドなどの栄養素の消化を高めるため、パパイヤとパイナップルからの濃縮酵素も配合されています。』とのことだ。

錠剤でサプリの味を言うのはおかしいかもしれないが、今摂ってる、基本サプリやビタミンCあたりは美味しい部類で、このサプリも、自分の評価ではその部類に入る。いわば『美味しいサプリ』なのだ。


京ぽん (Apr 25, 2005. )

NTTドコモがPHSから撤退するので、愛用していたパルディオ(Paldio 611S)から京ぽん(AH-K300V)に機種を変えた。PHSは、携帯の進化型だし、捨てがたいいろんなメリットが満載なので、携帯への移行はしなかった。

京ぽんも初期のPHSと比べると、いろいろなニーズに対応した追加機能満載なのだが、自分にとっては一つだけ大きな不満がある。子機の機能が無いということだ。今までパルディオ611Sもパルディオ341SもSHARP JD-B7の子機として使用してきたので、家に居るときにはパルディオさえポケットに入れてあれば、ドアフォンでも対応できた。

今は、部屋の移動に際して、子機専用にしたパルディオ611Sと、京ぽんの2個を持ち歩かなければならない。そんなに大きな家でもないから良いようなものだけど、胸ポケットが2つ付いているシャツが無ければ不便かも…。


サプリメント摂取の基本事項 (Feb 4, 2005. )
くもり
 ストレスが増加し、食物自体の栄養価が低下している現代においては、サプリメントの摂取はマルチビタミンサプリメントが基本。代謝を促進するビタミンやミネラルが不足しがちなのに対して、カロリーは十分に含まれている現代のファーストフードは、肥満や成人病の原因になっている場合が往々にしてあります。
◎ サプリは食事に絡めて摂る。食事の不足成分を補うのだから、食前、食中、食後の摂取が基本。カロリーだけ摂るのではなく、カロリー消費を促すビタミン&ミネラル等も同時に摂らなければ、肥満の原因になる。
◎ 美肌系サプリは寝る前に摂る。小皺:マルチビタミン+コラーゲン+ビタミンC+イソフラボン等、コンビネーションも大切。
◎ サプリと薬は少なくとも30分くらいは時間をあけて摂る。薬の種類によってはサプリの成分が、うち消されてしまうこともあります。


師走 (Dec 23, 2004. )

年末は忙しいですね。先生が走る時期?

期末テスト、学期成績算出、冬期講座 etc…。年賀状も書かなければいけないし、体を壊さない程度の忙しさなら、一番良いんだけど…。

こんな時期は、十分な栄養を摂って、年が明けるのを待つくらいかな?


いつの間にか年末 (Nov 28, 2004. )

いつの間にか年末になってしまった。

いつも年末になると、周りが慌ただしくなるから、急き立てられるような気がしてくる。定期試験に冬期講座、忘年会…。仕事もプライベートも結構慌ただしくなる。

健康にも気を配らなくては…。


薬とサプリの区分け (Oct 23, 2004. )

医食同源という言葉があります。法律上の区分けならはっきりしているので、薬事法等の問題でないとして考えれば、元々『毒』も『薬』も『サプリ』だって、抽出するにしろ、合成するにしろ、自然界にあるものが原料ですよね。

それを使う場面ごとに毒か薬か食品かが決まるように、自然食品である人参が高価な薬として用いられてきたように、私自身は、分類自体にそんなに大きな意味があるとは捉えていませんし、程度問題だと思います。(たとえば、酒は人によって、また摂取する量によっても、毒になったり薬になったりもしますし、ご飯でもむちゃくちゃな量を摂れば、万人の体に悪い影響があることは明かですし、ニトログリセリンだって人によっては毒にも薬にもなります。)


CoQ10 (Sep 27, 2004. )

PHP&MySQLにハマって結構時間を使った。今日も2日越しのバグ取り終了。それはそれで目出度いことなのだが、結局分かったのは『'』がひとつ余分だっただけ…。 (TT)

サプリは9月中旬のTVでCoQ10の特集をやっていて、試してみたくなった。来月はちょっと楽しみ。


粉末サプリの『結構いける』飲み方 (Aug 14, 2004. )

まずい粉末サプリの美味しい(許せる?)飲み方発見!

昨日、一昨日とオレンジジュース、パインジュースに混ぜて飲むと、
『結構いける!』という感じ。オレンジジュースは、スーパーマーケットで買ったビタミンC入りにもの(正直、そのままで飲むとビタミンのイヤーな後味の悪さがあり、イマイチ)。パインジュースはコンビニで買った乳酸菌飲料で、これはそのままでも結構いける。

今までの経験から、粉末サプリを混ぜて飲むためのジュースについてのランキングを作ると、

1.パイナップルジュース(乳酸菌飲料)
2.オレンジジュース(ビタミンC入り)
3.グレープフルーツジュース(ピンク)
4.牛乳(成分無調整のもの)
5.スポーツドリンク(アルカリイオン入り)
6.グレープフルーツジュース(イエロー)
7.水

ってところかな。もちろん、他のものでは試してないし、個人的な独断と偏見に満ちたランキングなんだけど、1&2は、
(そこそこ美味しくやれるかも…)と思ったりもする。

残念なのは、せっかく『結構いける飲み方』を見つけたのに、もうあと1回分しかサプリが残ってないことかな。


やっぱり強者 (Aug 11, 2004. )

豊中においてあった粉サプリを久々に飲んでみた。4月に、
「人によっては、粉のまま飲んで、あとで水飲んだりしてますよ。」と言われて、是非試してみようと思っていたので、サジに半分くらいの粉サプリを入れて、口に入れた。

(う〜ん…)

すぐさま水を飲んだが、なかなか喉を通り過ぎない。
粉サプリを水だけで摂ってる連中は、やっぱり『強者』だと思った。


オカルト数学 (Jul 23, 2004. )

昨日は、高2の期末テストを返却した。理系クラスは、それなりに問題解説で時間が無くなってしまったが、文系のクラスは時間が余ってしまったので、カーテンを閉めて教室の電気を消し、お化けの話をした。(自分が中2の時に経験した金縛りの実話??)

数学にはそんなに興味のなさそうな生徒達も、お化けの話となると好奇心をそそられるようで、いつもと違い真剣に話に入ってきた。数学の授業でも同じような状況なら、赤点解消が出来る生徒が多いんじゃないかな…。

教科のカリキュラムもあるし、オカルト数学なんてやるわけにもいかないんだけど、2学期は何とか出来れば良いな。


ブルー (Jul 16, 2004. )

本格的な夏です。すっごく青空。

でも、期末テストの採点で心はブルー。1枚目は時間がかかったのに、2枚目は速かったんだよね…。

点数を入れるのが怖い。


今日は七夕 (Jul 7, 2004. )

今日は七夕。
高知では残念ながら、今年も彦星&織姫のめぐり会いは実現しそうもないですね。

それより期末テストを作らねば。生徒達、今度は点数取ってくれたら良いな…。


カルシウム&マグネシウムのサプリ (Jun 20, 2004. )

いつもなら食事前に摂るカルシウム&マグネシウムのサプリを、摂ってないことを思い出し、食事中に1粒だけ口に入れた。さすがに頬張っていたサンドイッチと一緒に飲み込むことは出来なかったので、バリバリと囓った。

(特に大したことはないな…)と思った直後、
『ニガー!』すぐに飲み込みはしたが、もう二度と味わいたくないような苦みが口の中一杯に拡がった。恐らくマグネシウムの苦みだと思うが、『苦汁(にがり)』とはまさにそのまま!

う〜ん、サプリって安直に囓るもんじゃないな…。


梅雨なのにすっごく晴れ! (Jun 16, 2004. )

今日は梅雨なのに快晴。

部屋中の窓を開け放つと良い風も入ってきて適度に快適。特にエアコンをつける必要もないから、夏ではないような気はするが、このまま大した雨も降らないまま空梅雨で終わってしまうのかな?

そういえば、本町の問屋街で去年買ってきた金魚の風鈴はどこに行ったのかな…。


はりまや橋のからくり時計 (Jun 12, 2004. )

自転車で予備校に行った帰り、午後9時頃にはりまや橋を通ることが結構ある。9時になると、からくり時計が鳴り出すので、観光客と思われる人たちが何人か居たりする。

(徳島に行った時も、からくり時計があったな…)

確か、何年か前に徳島市で泊まったときに、午後9時頃街を歩いていると、突然からくり時計の阿波踊りが始まり出し、5分くらい見ていたことがある。

高知のからくり時計も、よさこい節をバックに人形が踊り始める。はじめは止まってしばらく見ていたこともあるが、さすがに最近は9時ちょうどに前を通っても、信号待ちしているとき以外は、すぐに通り過ぎてしまう。

でもはりまや橋も、がっかり名所に挙げられていた何年か前に比べると、それなりに観光に来た人も満足して帰れるようになって来た気がする。


グルーミーな季節… (Jun 1, 2004. )

いよいよ本格的な梅雨。
中間テストも始まるし、それなりに大変。ただでさえ憂うつなのに…。

生徒達ももちろん大変だけど、教師もテスト作ったり、採点したりとそれなりに大変なんだぞ。

「先生、赤点何とかして!」って、こっちだって赤点取らしたくないし、『何とかして欲しい』って、こっちが言いたいんだけど…。


健康を買った!? (May 22, 2004. )

サプリを摂りはじめて、1年ほどになる。

最初、薬嫌いだったせいもあり、サプリについても疑心暗鬼だったが、いろんなものを試して、自分でもそれなりに勉強をし、今自分に一番必要な栄養素等が少しずつ分かってきて、結構毎日快適な生活が送れている。

『毎日が快適に過ごせるようになった』ということが、気のせいだとしても、とりわけ以前と違ってきたのは、結構深酒をした翌日でも、二日酔いをしなくなったことだ。今年の健康診断のデータも、体重の減少以外に、ガンマGTPの値の減少や、血糖値の減少(前回は2度目の診断をさせられて、『臨界値です』とのことだった)等が見られ、いずれも正常値になっていることからも、単なる『気のせい』だけではないように思う。

あと、口内炎なんかの治りも早くなった。以前は口の中を噛み切ったりすると1週間くらい痛かったが、昨日口の中を噛んだけど、夕飯には気にならない程度だった。もちろん今は、傷跡は残っている(舌でさわれば分かる)ものの血は出ていないし、全く気にしていない。

自分では、お酒も以前と同じくらいは飲んでるし、生活パターンの変化で思い当たるものといえば、サプリを摂りはじめたということくらいだから『健康を買ってる』ということになるのかも…。


地球の温暖化 (May 17, 2004. )

地球の温暖化の影響か、年々梅雨が早まってきているように感じる。このまま事態が進行していくと、いつの日か5月が梅雨になってしまうのだろうか?


とんちゃん (May 10, 2004. )

昨日、とんちゃん会に行った。とんちゃんは高知では知る人ぞしるという老舗。今でも根強い人気がある。

雨降ってたけど、いろんな方が沢山集まってそれなりに盛り上がった。初めて見る若い女の子が手伝いに来てて、
「とんちゃんは初めてですか?」と聞かれた。
「いや、結構長いんだけど。ここのメニューは、新しいの以外は全部食べたことあるよ。」と言うと、
「私、2年前から手伝いに来てるけど、見かけませんねー。」と言うから、
「そうやね。僕は3年前頃から行ってないし。まあ、そのうちに行くね。」と適当なこと言って帰ってきた。

それにしても、吉本さんは96歳にしては血色も良いし、すごく健康。やっぱし、とんちゃんの料理が良いのかな?来月くらい暇になったら、一度行ってみるか。


日本語って難しい (May 1, 2004. )

 土曜日。人によってはゴールデンウイークのはじまり。

 5月になったから、銀行の通帳に記帳をしに行った。会社の申告月のため、会社の通帳と個人の通帳をまとめて持って、いくつかの銀行や郵便局を回った。土曜日は現金を引き出すと手数料を取られるため、
(まあ、まだ手許に少しあるから、現金はいいや。)と当初は『記帳のみ』と決めて家を出た。

 四国銀行に来て、記帳を済ませたとき、隣のATMのおじさんが、帰り際に、
「えっ。土曜日は手数料とられんのか…。」と独り言とも何ともつかないような口調で言うのが聞こえた。
(四国銀行は、土曜日は手数料が要らないのか…。じゃあ、ついでに引き出していこう。)と早合点して、もう一度ATMを使って、現金を引き出した。当然のことながら、通帳には『手数料105円』の記載。ここに至って、やっとおじさんの言った言葉の意味が分かった。

 う〜ん、おじさんは四国銀行の回し者でもないやろうし、日本語って本当に難しい…。この先、どんなゴールデンウイークになるんやろ?


ダイエット?? (Apr 24, 2004. )

 高知の方は、もうほとんど夏。
 昨日は暑かったので、家中の窓を全開にして、風を通した。さすがに夜は寒くなって、窓は閉じた。

 昨日、体重計に乗ったとき、70kgで、サプリを始める前の78kgと比べると、-8kg。さすがに78kgの時は、身長174cmだし、太り過ぎかなって思ってた。酒も適当に飲んでるし、『ダイエット』という意識はなく、それを目的とするサプリも、摂っている訳ではないが、『食べたいものを食べたいときに食べて、栄養素はきちんと摂る』というのが、もしかすると良かったのかも。食事や水分をとったら、2〜3kgは違うから、どうということはない値なのかも知れないけど、健康維持のためには、体が重くなり過ぎないことも必要な気はする。

 巷で話題のダイエットサプリメントって、効果はどうなんだろう?ちょっと興味はあるけど…。


熱が出た! (Apr 7, 2004. )

 結局、不調ながらテニスやって、帰って風呂はいると熱が出た。
 さすがに38度を超えると、風呂も温く、食欲も出なかったので、サプリで栄養素を摂って、うどんだけ食って寝た。

 汗かいて着替えて、朝になると36度1分に体温が下がっていたが、まだ少し声がおかしいし、頭も若干痛い。(食欲は普通に戻ったので、朝は食べた。)風邪ひいてテニスやるのは、お勧めでないことは身をもって分かった。(まあ、負けたときの言い訳にはなるけどね。でも、ウイルス殺すには体温上げるしかないから、早く治すには良かったのかも。)

 明日は新学期だし、学校にも行かなければ…。


風邪… (Apr 6, 2004. )

 風邪ひいてしまった。声が変わって喉が痛い。午後からテニスの予定だったから、テニスウエアに着替えて医者に行った。

「熱は少しありますね。食欲は?」
「普通です。それより午後からコートとってるんですが…。」
「ダメだって言っても行きたいでしょうから、まあスポーツマンですし、体力もあるようだから『ご自分の責任で』ということで。風邪を早く治すんだったら、暖かい格好をして、安静にしておくのが良いんですが…。」別に自分はスポーツマンでもないのだが、半月ほど前からコートを予約してたこともあって、今日はやるつもりでいたし…。

「まあ、テニスした後から治すという手もあります。具合が悪くなったら『先生が良いと言ったから』とか文句も言えますし、そのために来る方も居るんです。それでは、薬を出しておきましょう。」
(見透かされてる…。)


「サプリなんかも一緒に摂っても良いですか?」
「どんなサプリです?」
「ビタミンCとかカルシウム&マグネシウムとか。」
「良いでしょう。」

「もう、ここに来ることもないでしょう。」
「えっ!?」
「いや、多分治られるから、来なくても良いでしょう。」
 この医院には3年前と4年前くらいに、やはり風邪で来ていた。

「じゃあまた、今度3年後くらいに風邪を引いたら来ます。ありがとうございました。」
 学校時代の生徒の親御さんで、自分としては割と変わった先生ではないかと思っているが、好きなタイプの先生である。

 さて、医者のお許しも出たことだし、今日はやるぞ!


4月4日(雪) (Apr 4, 2004. )

 現在、山中湖畔。雪…。
「4月に雪が降るとは…。」と言ったら、
「ここら辺ではそんなに珍しいことではないですよ。連休だって、降るときがあります。」恐るべし…。
 ともあれ高速はダメっぽいから、時間がかかりそうだ。高知には帰れないかも…。


奈良の桜が満開 (Mar 30, 2004. )

 天気予報通り、今日は雨…。
 一日中部屋にいるのも息が詰まるので、午後コンビニに買い物。一番近くのコンビニだけど、結構濡れた。

 帰ってくると、『奈良公園は桜が満開』というニュースをやっていた。最近、奈良公園は夏に行くことが多くなったが、奈良公園の藤棚は一見の価値がある。(藤棚の藤は普通、4月後半から5月前半あたりが見頃かな?)大阪で暮らしていた頃は、春先によく奈良公園まで行って、鹿と遊んだり、ベンチ(藤棚の下にもある)や芝生に寝転がったり、スケッチしたりして過ごした。桜の時期には、吉野まで友人の車で行った(それはそれで見事だった)くらいで、この時期の奈良公園には行った記憶はない。

 明日は晴れるようだから、ちょっと遠出をしてみるか!


日本の20年後?? (Mar 27, 2004. )

 朝日放送で『ニッポン未来ばなし』として、20年後の食についてやっていた。その際、サプリメントの進化型のような食事が主食になる可能性もやっていたが、出来ればそうあって欲しくないな…。
 自分自身はサプリメントを扱っている立場だし、サプリの発展自体は目出度いことなのかもしれないが、サプリはやっぱり補助食品であって欲しいし、主食の座には着いて欲しくない。第一そうなってしまったとして、噛むという行為がほとんどなされなくなれば、顎の骨や歯は非常に弱くなるだろうし、行く行くは退化してしまうだろう。言い換えれば、『サプリしか食べられない顎や歯になってしまう』ということだ。
 咀嚼機能や唾液分泌機能等、脳や免疫機能をはじめ、単に栄養素の取り込みだけに止まらない範囲の影響があるはずだし、そんな『進化(?)』は何か間違っているんじゃないかと思う。少なからぬ抵抗を覚えたのは自分だけなのかな?


健康維持には不向き (Mar 23, 2004. )

 雨あがって、日が射してきたから昨日よりは暖かいかも。

 昨日、『粉サプリ』のこと書いてたら、残っている分を急に飲みたくなった。水を入れて粉サプリとかき混ぜて飲んでみた。
(む…、ま、まずい…。)懐かしい味だった。水に入れて飲んだのは初めてだったが、サプリ自身の味については、まずさは以前のままだった。

究極の選択…。

 こんなに意志が弱い自分って、健康維持には不向きなのかも…。また味を忘れた頃に食べることにしよう。


横浜での不思議な経験 (Mar 22, 2004. )

 今日は大阪は雨です。ちょっと肌寒くって、風も強いから、冬に戻ったみたい。(桜もきっと寒いだろう…)

 昨年、横浜に行った時、当時服用していたサプリも持って行った。サプリは粉末のもので、水やジュースに溶かして(本当は溶けないから、『混ぜて』といった方が正確)採るタイプだったので、いつでも採れるように、ホテルでアルカリイオンのスポーツドリンクに混ぜて携帯した。

みなとみらいのホテルから、赤レンガ経由で、中華街、外人墓地、港の見える丘公園と行って、山下公園発のシーバスに乗り込む前に、ペットボトルのキャップを取って飲もうとすると、スポーツドリンクとサプリメントは一体化し、すっかり透き通ったゼリー状の『別物』になっていた。(途中、どこかで飲んだ時に、『何か味が変わった』って感じはあった)

そのサプリメント、摂取効果はテキメンなんだけど、味は何に混ぜても『マズーイ!』って感じ(自分の感覚では『青汁サプリ』)だったので、正直言うと、そちらの『ゼリー状別物』の方が、『まだ許せる』って感じだったけど…。

 その後、別に腹を壊した訳でもなかったし、悪いものを採ったような兆候も出なかったので、毒じゃないことは分かるけど、不思議な経験だった。もしかしたら、体内でもあんな変化があるのかも…。


サクラサク (Mar 20, 2004. )

 昨日、道端の5、6本の桜のうちの1本が満開状態でした。
高知の方も開花宣言はあったけど、桜の中にも気の早いヤツは居るもんだ。


程度問題… (Mar 18, 2004. )

 カロリーって、必要以上に摂ると良くないですよね。酒も適量なら『百薬の長』だけど、飲み過ぎちゃうと『命を削るカンナ』ってことになってしまいます。

 栄養素にしたってそうですよ。サプリメントや健康食品にしたって、医薬品にしたって、まだまだ検証されていない部分の方が多いですが、摂り過ぎは無意味どころか、体に良くなかったりすることもあります。

 自分の食べるものに気を配るということは、自分の体に気を遣うということの基本的な部分だと思います。運動だってやりすぎると体に良くないのと同じで、健康宿品やサプリメントに限らず、いくら『体に良い』と言われているものにしたって、下手に摂ると逆効果になることも結構ありますので、ご注意!


酒は百薬の長? (Mar 17, 2004. )

 3月14日、高木酒造蔵開きで、たくさんの種類のお酒を味わってきました。

 高木酒造(高知県赤岡町ににあります)にはたくさんの試飲用のお酒が用意されていて、個性の強いものや、フルーティーなもの、何かで割ったら美味しそうなものやトロッとした舌触りのもの、すっきりした味わいのものやクセがなくってミネラルウォーターのようにグビグビといけそうなものといろんなタイプのものを堪能して来ました。

 大まかに言って、それのみで味わった方が良いかなと思うもの(主役になる酒)と、ごちそうを美味しくしそうなもの(出しゃばらず、脇役としてベストかなと思われるお酒)の2タイプに分けられそうにも思ったりしましたが、ある程度以上体に入ってしまうと、まあ、あまり蘊蓄云々は関係ないですね。

 『試飲』とは言っても、何本かは空いて、結局テーブルにはロックか水割りで飲んだ方が良いかなと思われるような上品な(?)お酒が残ったくらいで、
(少し日差しがまぶしいかな…)という状態で帰路につきました。

 その後夕方には、サボろうかなと思っていたバドミントンの練習にチャリで出かけましたので、たくさんの種類飲んだ割には、そんなに悪酔いはしてなかったみたいです。(良いお酒に感謝!)

 『酒は百薬の長』って言葉があるように、お酒も飲み方によっては健康食品ですよね。健康食品でも同じものをたくさんとり過ぎると体に悪い訳で、う〜ん、「分かっちゃいるけど、やめられない!」って…。


花粉症の症状? (Mar 16, 2004. )

 今年はヒートアイランド現象の影響で、東京の桜が早く咲くそうな。

 子供の頃は、春になると何か目出度いような気分の高揚があったりしたが、花粉症が問題になり始めてから、そんな気持ちとは逆に、『春→花粉症→憂鬱』という意識が出来上がってしまっている知人もたくさん居たりする。

 自分も花粉症だから、今日は目や耳が痒かったりしている。(サプリの効用か否かは分からないけど、幸いなことにそんなに重傷ではない…)

 『耳が痒い』という症状はあまり聞かないけど、自分の耳垢は湿ったタイプなので、花粉症と関係があるような気がする。さて今日の花粉の飛散量はどんなものかな?


花粉症 (Mar 10, 2004. )

 昨夜、予備校の受付をしてる女の子が、マスクしてたので、
「花粉?」って聞いたら、
「そうです。コンタクトも出来なくて…。」確かにメガネ掛けてる。
「目はちょっと痒かったりしたけど、今日は多いの?」
「多分…。」なんかとっても辛そう。

 もし、花粉の飛散量が多いのだったら、今の自分の症状は軽いのかも知れない。まだ、フリーラジカル中和作用のあるサプリを摂り始めて1週間ほどだから、サプリメントとの因果関係は疑問だけど…。


取り越し苦労?? (Mar 9, 2004. )

 北海道中央農業試験場の平成5年のデータで、ほうれんそう100g中に含まれるビタミンCは40年前には100mg、15年前は65mg、当時は8mgだそうです。今は平成16年だから、もっとビタミンCが少なくなっているのかも…。

(不安だ…。)って思ってるのは、もしかして自分だけ?


ゼラチンカプセル (Mar 5, 2004. )

 皆さんご存知のように、アメリカでの狂牛病発生にともない、アメリカ産の 牛肉は全面輸入禁止の措置がとられていますね。 それと同時に、牛由来の原材料(カプセル類を含む)を使った製品も厳しく 規制されることとなりました。

 大丈夫だとは思いますが、不安ですよね。とるべき対応策は二つ。
品質及び安全性が確認されるまでの間、輸入を控えるか、逆に輸入禁止になる前に買い貯めをしておくかです。
(私の場合は、前者に準じます。今あるものが終わったら、しばらくお休み)

 掲示板で、『牛タン専門の加工場を経営していて その友人の話では、国産牛タンは年間150万頭分に対して、日本で消費される 牛タンは年間3000万頭分(殆んどが米国産)だそうです。 今は、国内の在庫も殆んど無くなり、しばらく工場を休むしかないと頭を抱えて います。』という書き込みを見ました。20倍!
農産物だって畜産物だって、アメリカの影響は大きいんですね。


花曇り? (Mar 4, 2004. )

 二日ほど寒い日が続いている。三寒四温?
 桜前線の情報も発表されたし、だんだんと春っぽくなっていくんだろうな…。

 最近は北の方の山の輪郭が、くっきりしていないことが多い。小学校の頃は、『花曇り』って陽炎のことだと思っていたけど、黄砂の影響も結構大きいような気もしてきた。(都会ならまだしも、高知の田舎でスモッグはないだろうしね。)


花粉症対策(Mar.3, 2004. )

 今日は、ひな祭りですね。

 昨日から花粉症対策始めたけど、まだ目が痒い…。目指すのは症状を和らげるだけの対処療法じゃなくって、体質改善!フリーラジカルに打ち勝てる体質になれば、花粉症だってへっちゃら!!(のはず…)
 でも時間かかりそう。今年はちょっと遅かったかも…。(^_^;)


美味しいサプリ?(Mar.2, 2004. )

 サプリメントって味わうもんじゃないし、錠剤のものは一気にぐっと飲み込んでしまってるけど、もし美味しいサプリが出たら売れるのかな?う〜ん、子供用の甘そうなサプリは知っているけど、美味しいサプリなんて聞いたこと無いな…。

 思い出すのは、子供の頃に食べた『虫下しのチョコ』なんだけど、あれって子供の頃は『美味しい』って意識で食べた(チョコが好きだったからね)けど、今思い出すと、正直そんなに美味しくなかったような…??(もちろん、あれは『サプリ』じゃなくて『お薬』なんでしょうが。)


カプセルのサプリメントの味は?(Mar.1, 2004. )

 昨日、体育館でバドミントンの試合があって、サプリをいくつか持って行って、
「試してみる?」ってメンバーに少しあげました。

「これば、野菜ジュースの成分、これは、カルシウムとマグネシウム、これはEPAとDHAが入ってて…」と言って、それぞれ『足りてない』という意識のある成分の入ったサプリを適量配って、
「このEPAとDHAのやつ、きれいやろ?すごく美味しそうなんだけど、囓る勇気がなくって…。苦かったりしたらいややし。」と言って渡すと、メンバーの一人が、
「ガリッ。」囓った!
「えっ。どんな?」彼の表情は微妙に変化するのだった。
「う〜ん、なんか魚のあの生臭い…。」

『カプセルのサプリメントの味ってどんなかなー?半透明できらきら光ったりして、囓ってみたくなるのって、自分だけ?』って、ずっと思ってたけど、それなりに想像がついた。ものによって違うんだろうけど、美味しくはなさそうだし、長期間抱えてきた疑問の一つが解決したということで、昨日は有意義な日だったかも。
(囓ってみる方は、あくまで自己責任でやって下さいね。)


まずいサプリメント(Feb.29, 2004. )

 今日は4年に一度の2月29日ですね。雨降ってるけど、何か良いことあるかな?
 昔から『良薬口に苦し』という言葉があります。

 サプリメントも補助食品とはいえ、目的から言えば、嗜好的なものではなく、薬と同じように『成分摂取』がメインです。でも、まずいのがありますよね。
「まず〜い、もう一杯!」って、宣伝がありましたね。
「まず〜い、もう勘弁!」って、感じですよ。(それが良く効いたりするんですけど…)
 錠剤のものだったら、増粘剤入ってたりするし、粉末でジュースなんかに混ぜて飲むものはマズイし、必要な栄養素摂るのも楽じゃない。


花粉症の兆候(Feb.28, 2004. )

 花粉症が出てきた。花粉が飛び始めたようだ。2日ほど前から、目が痒く、鼻水も出だした。ちょっと遅いけど、フリーラジカルを中和する作用のサプリメントを摂ってみようと思う。若干でも改善されれば良いけど…。


よく効く薬と副作用[増粘剤なんて要らないのに…](Feb.27, 2004. )

 薬って多かれ少なかれ副作用があります。よく効く薬ほど、副作用も強いのが普通です。漢方薬は副作用があまり強くないのは、概ね効き目もあまり強くないからです。

 でも、できれば副作用って、少ない方が良いに決まってますよね。そのためには、薬の成分はできるだけ純粋な方が望ましいということになります。(摂りたい成分自体に起因する副作用なら、仕方がないですが…)つまり、よく薬に使われている『増粘剤(ぞうねんざい:薬を飲み易い固形にするために使われるもの)』などという、薬自体に期待される効果に全く関係のない成分は、入らない方が良いんです。
 栄養素を摂りたいのに、カロリーも一緒に摂らされるって、
「勘弁して〜!」ってカンジ。


医食同源[食物と薬](Feb.27, 2004. )

 日本では薬事法という法律があり、それによって薬であるか否かが決められる訳ですが、古来から、『医食同源』という言葉があるように、元々は食物と薬物の境界は、そんなにはっきりとしたものではなかったはずです。お茶が昔の中国では薬として用いられていたことからも、そのことはご理解いただけると思います。

 近年、いろんなサプリメントが出てきて、『サプリメント』という言葉自体も本来の意味とは違って使われること(誤用?)も多々あります。そういった意味で、『一概には言えない』ということになってしまうのかも知れませんが、元来サプリメントはそんな『薬と食物の間に位置する食品』ということになります。

Access Counter

Since Mar.22 2004