村上天文同好会ホームページ


2001年11月18/19日(日/月)

しし群観測計画

1998年の観測は村天流星観測25年の総決算とも言えるイベントということでのぞみましたが、それから4回目を数える事となりました。今年はアッシャー理論が注目を浴び、大出現が予定されています。例年通り、できるだけ大勢ご参加下さい。この時期は、天候が微妙ですが、天文台を基点に、群馬・赤城山山麓付近までを観測エリアに考えています。天気を見ながら当日夕刻までには決定したいと思いますので、連絡手段を確立しておいて下さい。

アッシャーの予想によれば、

極大予想:11月19日早朝の2時30分、3時20分(本命)   

輻射点:ししのおおがまの中

特徴:非常に早く、明るいものはしばしば痕を残す

観測重点日:18日早朝も観測したいところだが、18日夜〜19日に集中

観測時間帯:遅くとも、ししが昇る夜半までには観測を開始する。


観測法

眼視

★HR200・ペルセ群程度なら 通常の計数観測 VTRでの記録も合わせて行う
★HR1000以上 明るさと特徴のみ録音 VTRにて、時刻は、自動記録
★それ以上 各人エリア指定で個数のみ録音 VTR複数使用、各自マイク

民生デジタルを使用、火球撮影をかねる。外部ピンマイクを用意。記録テープは、メモリー付き60分を各5本JPLで用意。

防寒の準備、敷物を各自用意、ペンライト、時計は正確にセット(現地でGPS を使用)


写真

★35ミリ判50mF1.4レンズ6連カメラ E200>ISO1600 F1.8 暗夜3分を基準、自動撮影
★FUJI Fine Pix S1+28ミリF1.4 デジタルカメラ マイクロドライブISO1600 暗夜30秒基準、自動撮影
★KODAK KAF1001E 1Kx1K CCD+EF 35mF1.4 ダイナブック 開放、30〜60秒露光、自動撮影


ビデオ

★24ミリF1.4+I.I. PC-10デジタル収録 追尾、輻射点方向連続撮影
★24ミリF1.4+I.I. PC-3デジタル収録 ビデオ用三脚、連続撮影、痕の撮影をかねる。
50-1.2, 85-1.2、135-2.0レンズ 痕の撮影のため
★watec neptune100 + 8mmF0.8 ポータブルDVCAM 予備

記録テープは、80分を各8本JPLで用意。


電波

★50メガアマ無線帯利用 ビデオで音声とレベル記録 VHS3倍速で自動記録
★FM移動観測 ビデオで音声とレベル記録 アンテナとともに、移動の可能性あり

固定観測地は、未だ検討の余地あり。



しし座流星雨資料トップページへもどる


みんなの掲示板 発信はこちらへ

本ホームページに関する要望・問い合わせ、会員へのインフォ等はmuraten@jplnet.comまたは, 名簿にある会員アドレス宛に連絡して下さい。